アロマを学び続けるということ

アロマメディエーターうえむらです。

どんな仕事をしていても、学び続けることは大事です。

というか必須です!

でも、その学びが、次々に新たな資格を取得することなのか?というと、私の考えは“NO”です。

アロマだけに限った話ではないのですが、ここでは、施術や販売はちょっと別として、講師の仕事だけとか、講師業メインの場合について「資格取得あるある」のおせっかい記事を書いてみます。

資格取得のスパイラル、あるある

所属する協会が次から次へと作り出す新しい資格、よその協会や誰かが始める、目新しいアロマ。

周りには、たくさんのアロマ仲間、アロマライバルがいて、イキイキと、意欲的に学んでいるのを目にすると、自分もやらなきゃ!新しい✿✿✿の知識を仕入れてそれを教えよう!と、刺激されたり、焦ったりします。

どこかから与えられる資格というのは、たいてい他にもたくさんの人が取得します。自分がその資格を与えることもあります。

あっという間に、周囲に同じ資格をもつ仲間、ライバルが増えます。とくに、地域で活動している場合、そうなりがちです。

そうすると、また新しい資格がほしくなり「誰かに教えてもらったことを教えるのスパイラル」に陥ります。

新しい資格を取得するために、時間とお金をたっぷりかけることになるのです。

誰かが教えてくれることを、次から次へと仕入れては出して、仕入れては出してを繰り返しても、アロマ講師だけで、生業としていけるほど稼ぐのは難しいのが現状です。

学ぶことも含め、かかる経費を差し引いたら、お小遣い程度、が圧倒的多数だと思います(お恥ずかしながら私もその一人です)。

資格をどんどん取って、それをしっかり生かして成功されている方も、もちろんいらっしゃいます。

それは、もともと何か基盤があったり、講師やビジネスの資質が備わっていたり、仕入れては出す以上のことを“人一倍”されている人です。

それはアロマの資格を取ったうちのほんの一握り。多くの人にとって、想像以上にハードルの高いことなのです。

“アロマを学び続けること”=資格を取得することにあらず

そんな中で、今の私が考える「アロマを学び続ける」ということは……。

できる限り、日常でのアロマや植物とのかかわり、経験から得られるものでありたいなあということ。

ネットや本、TVからの知識、講座などに出て、新しい知識やアイデアを仕入れることも多々あります。

でも、それはヒントであり、素材のひとつです。

そこで読んだり、知ったことを、そのまま伝えるのではなく、さまざまな知識に、自分の経験や考えをミックスして消化して、自分独自の形(=オンリーワン)にし、資格という形ではなく、アウトプットすること。

偉そうなこと言ってますが、いまの私は、まだ十分にできていません。

でも、アロマメディエーターとして、資格を取り続ける、与え続ける以外のインプット、アウトプットを目標にしています。

そもそも、何のために資格を取るのか?

アロマを学ぶ方は、そもそも「天然の香りで周囲の人を癒したい」という心の温かい方や、「学ぶことが楽しいから収支なんて関係なし!」という方も多いのです。

なので、そういう方にとっては、このような話は余計なお世話かもしれませんが。

もし資格取得で悩んでいる方や、アロマ講師で稼ぐことを割と軽く期待している方がいたら。

アロマ 資格 儲かる 勉強

今一度、よーく考えてみてください。

しつこいですが、資格取得にかかる費用や時間はけっこうなものです。

アロマセラピーの資格取得にいくらかかる?
主要な団体を一覧で比較

ご自身やご家族が稼いだ大切なお金。皆さん、有効に使いたいですよね。

何のためにアロマを学びたいのかによって、必要な資格や勉強は異なります。仕事にするにしても、趣味で香りを楽しむにしても、家族の健康のために使うとしても。

その資格……。

本当に必要ですか?

あなたの目的にマッチしていますか?

資格取得以外に、よい学び方はないですか?

決して、資格を取得することを阻止したいわけではありません(笑)

大切な時間とお金を無駄にしないために、後悔しないために、立ち止まって、よーく考えてみてくださいね、という老婆心でした。

MoaMoa Mommy
資格取得、アロマの勉強に関してのお悩みは、HPの連絡フォームよりご相談承ります。

アロマテラピーの資格取得にいくらかかる?主要な団体を一覧で比較

アロマメディエーターうえむらです。

「アロマの資格を取りたいと漠然と思ってるけど、そもそも、資格を取るのにどれくらいかかるものなの??」という方。

「アロマの資格を取る!という気持ちは固まってるんだけど、一体、どの協会のどの資格にしたらいいの??」という悩みで、ぐるぐるしている方。

あちこちのサイトを巡って調べるのって、すごーく時間がかりますよね。

それだけで、消耗してしまう…。

アロマの資格、比較には一覧がいい!

こういう情報は、文章でダラダラと書いてあるよりも、一覧になっているのが一番!

でも、一覧作成って、けっこう手間がかかるんですよ。というわけで。

アロマメディエーターうえむらが、皆様に代わってアロマの主要な団体4つを調査&一覧作成してみました。

今回は、各資格のカリキュラムなどの比較ではなく(これはまた別の機会に)、資格取得にまつわるお金にフォーカスしています。

資格取得にかかる金額のメインは「受講料」ですが、じつは、受験や団体への入会や年会費など、絶対に必要となるお金は、他にもけっこうあるんです。

その辺りも、できる限りピックアップしたので、ご参考にどうぞ。

AEAJ,JAA,NARD,IFA~大手4団体の資格取得費用一覧~

まずは、おことわりから。受講料は一般的な料金帯です。

・テキスト代・実習材料費を含むかどうか
・+αのカリキュラムやテキスト・副教材・スクール入会金等の有無
・マンツーマンやフリータイム制等、学び方の違い
・設備や立地の違い

上記のようなポイントにより、同じ団体の資格講座でも、スクールごとに受講時間や受講料の設定に違いがあります。一覧記載の内容はあくまでも目安。この範囲外のケースもあります。

また、2019年8月時点での情報であることを、ご了解の上、ご覧ください。

万が一、明らかな間違いがあるよ!という場合は、ご指摘いただけると幸いです。

では、どうぞ☟

アロマの資格 費用 いくら

AEAJ 日本アロマ環境協会
JAA 日本アロマコーディネーター協会
NARD ナード・ジャパン
IFA 国際アロマテラピスト連盟

この一覧の無断転載・引用等は、お控えくださいね。
(リンク、シェアは大歓迎♪)

自分に合うのは、どのアロマの資格?

資格取得をするためには、どれくらいお金がかかるかは、重要な問題です。ない袖は振れないし、ローンを用意しているところもありますが、ローンを組んでまでやるとなったら、もう覚悟も相当なものでなくてはなりません。

金額だけで、どの資格取得をするかの決定材料になるわけでは、もちろんありませんが、一覧を眺めることで、選択しやすくなるとは思います。

最終的に、どの資格が自分に合うのかは、講座の中身と資格取得の目的次第。そのへんのお話は、また時間のあるときに。

MoaMoa Mommy
資格取得、アロマの勉強に関してのお悩みは、HPの連絡フォームよりご相談承ります。

アロマメディエーターうえむらです、の裏側

アロマメディエーターうえむらです。

アロマについては、いろいろ思うところがあり、自分のポジショニングが定まらず、ずっとなんとなく考え続けていました。

そして、ようやくたどりついたのが「アロマメディエーター」という肩書。

アロマメディエーターとして、アロマで笑顔になる人を増やしたい!と思うようになりました。

私のアロマとの出会いにさかのぼり、なぜ「アロマメディエーター」なのか、お話していきたいと思います。

私とアロマテラピーとの出会い

私は、アロマのほかに、編集やライティングの仕事もしており、結婚するまではこれを生業としていました。今は家事・育児がメインで、両方合わせても、仕事量・収入ともに“少”ですが(^^;)

アロマは、20年以上前、出版(編集)の仕事において、女性であることを生かせる得意分野を確立したいと思って、テーマを探していた頃に出逢い、植物の香りのチカラに惹かれて学び始めました。

アロマとの付き合い方に、迷走するワタシ

産後、子育てをしながらベビーマッサージの資格を取り、活動していました(→5年やって辞めました)。おかげで地域の方たちとのつながりもでき、アロマも、その流れ、その土壌でできることをとりあえずやっていたら…。

すっかり取っ散らかってしまいました💦

アロマ 仕事

それに気づきながらも、忙しかったり、思うところあったりで、ちゃんと考えることは後回しにしていました。

自分よりも、本気でやっている人、時間をかけてやっている人、センスのある人、つまり上には上がいくらでもいる中で、やればやるほど、学べば学ぶほど、自分のアロマにおけるポジションがわからなくなり。

楽しいから、好きだから、地域活動のコミュニケーションになるからという、誰でも都合よーく使えるフレーズでごまかし、迷走し続ける。

HPや名刺を作ったり、ブログを書いたりするにしても、軸が定まらないから、それらも取っ散らかる。

そんなこんなで、どうにかしたいなあといつも頭の片隅にあり、出てきた答えが「アロマメディエーター」でした。

アロマメディエーターって何?

メディエーターの意味は「仲介者、媒介者」。

メディアを通じてアロマと人々をつなぎたい!というのが、私のアロマの原点だったことを思い出して「アロマメディエーター」。

ちょっと、なじみがなくて伝わりづらいかもしれないのですが(;^ω^)

“私らしさ”を表現するのに、ぴったりのネーミングなのです。

産後、仕事量としてはだいぶ少なくなっていますが、編集やライターとしては、きちんとした土台・経験もあり、一定の評価をいただいているので、それを活かすことが一番“私らしく”アロマとつきあえるのではないかということに気づいたのです。

というか、そのことは以前から薄々わかっていたのですが、日々のあれこれに流され、うやむやにしていました。

ようやく「アロマメディエーター」という肩書(ポジション)を見つけ、よし!となったのが2017年の終わりでした。

ところが、2018年がスタートしたとたん、プライベートがてんやわんや。1年間、怒涛の日々を過ごすことに。肩書を名乗ってはみたものの、実際はメディエーター云々どころではなくなっていました。

2019年夏、だいぶ落ち着いてきたので、徐々にメディエーターらしくアロマの仕事を展開していこう!と再決意しました。

アロマメディエーターとしてのポリシーとその心

以前、宣言として書いたものを、今一度、見直してみました。

①言葉を大切にする
わかりやすい言葉や表現を心がける。いい加減な言葉や表現で、混乱や誤った解釈を与えない

②一貫性のある情報を提供する
各記事で内容が矛盾したり、記事と講座で相反することを伝えたりしない

③客観性のある事実、情報源を重視する
信頼のおける情報源を選んだり、成分や数字、エビデンスを元にした情報を届ける

④自身の経験や感覚を大事にする
成分や数字、エビデンスに囚われすぎず、植物(=精油の元)を見て・声を聴き、経験から得た生の情報を届ける

⑤中立・公平な立場で発信する
偏った見方をせず、それぞれの立場や考えを尊重する姿勢を忘れずに。でも、法やマナーに反するもの、明らかに間違った情報には厳しく

【補足】
③と④は一見矛盾するようですが、どちらも重要!バランスが大事!と思っています。また、発信している情報が、②と③のどちらなのか、わかりやすくしておくことも。

⑤はアロマのよさを伝えたいとか、仕事として成功したいという思いが、時に盲目的になって偏った情報を流したり、自分(たち)こそが正しい・素晴らしいと主張したり、奇をてらったものに発展させたり。そういうものが増えている気がするので。私自身は、極力、冷静に中立の立場で情報を伝えていきたいと思っています。

少しずつ「アロマメディエーター」に

今後、このブログやメルマガを利用して、メディエーターらしいアロマ情報を掲載しつつ、新たなところでは、アロマやそれに近いお仕事に携わる方々のインタビュー記事の作成、公開をしていくつもりです。

これらを蓄積していって、私への信用・信頼につなげ、アロマを学び始めた原点「メディアを通じてアロマと人々をつなぎたい!」で、お金をいただけるように努めてまいります。

WEBというツールができて、今ではたくさんのなんちゃってライターさんがコラム記事なんかを書いています。

ライティング力は問題なくても、アロマのことをよく知らないライターさんが書いているだろう記事もたくさん見かけます。

ライティングもアロマも本物!の価値を認めていただくのが目標です。

講師活動は、無理のない範囲で続けていきます。「アロマメディエーター」としての質を確保するためにも、ナマの感覚は大事だと思うので。

また、「アロマメディエーター」としての実績を見て、うえむらから学びたいと言ってくださる方と出会えるのも大きな喜びです。

そして何より、現場は、やっぱりシンプルに楽しいのです。植物の香りで笑顔になってくださる皆さんを見られるのは、とてもうれしくて、それがメディエーターとしての原動力になるのです。

確立するまでに時間がかかりそうですが、その過程も楽しみながら、少しずつ自分の思い描く「アロマメディエーター」になっていきたいと思います!

今後、このブログに期待してるよ、活動を応援するよという心優しい方、ブックマークどうぞよろしくお願いします。

MoaMoa Mommy
えらんで読める!「老若男女くらしのアロマ便り」配信中。HPのフォームよりご登録ください(無料)。