不眠症には、どの精油を選べばいいの?

アロマメディエーターうえむらです。

不眠症、アトピー、筋肉痛、花粉症、肌荒れ。

自分の悩みに「どの精油を選んだらいいのかわからない」ということ、ありませんか。

「不眠症」で調べても、それぞれの本やWEBサイトで異なる精油が紹介されていて、いったいどれが本当にいいの?どれでも大丈夫なの?と、混乱してきますよね。

おすすめレシピの精油を持っていない、あるいは高くて買えないんだけど、手元にある精油では代用できないの?と思うことも。

今回は、そんな悩みをお持ちの方のためのおせっかい記事です。

アロマテラピーのおすすめ精油、どれが正しいの?

アロマの本やWEBサイトで紹介されているレシピは、同じ症状、たとえば「不眠症」に対するものでも、おすすめの精油やその配合が違ったりします。

不眠症におすすめのアロマ

今回は、なぜ人によって、おすすめ精油が違うのか、説明していきたいと思います。

①精油を選ぶ根拠は、複数あるから
②セラピストや講師の事情が違うから
③原因や心身の状態は人によって違うから

詳しくは、この先でご説明しますが。

結論を言ってしまうと、おすすめ精油が違っても、どれも間違いではないけど、効果が出るかどうか=自分にどれが合うかどうかはわからない、ということになります。

精油を選ぶ根拠は、複数ある

セラピストや講師は、たいてい、以下の複数を根拠として、自分なりのおすすめレシピを提案しています。

1.伝承
2.成分
3.エビデンス
4.経験値

それぞれ、詳しく説明しますね。

1、伝承を根拠にする
何千年という長い歴史の中で、植物や植物を加工したものを、治療、健康維持、美容などに利用してきた、その経験に基づく情報を参考にしたものです。「精油」という形になったものに、それらの情報がそのまま当てはまるわけではありませんが、参考になる点は多々あります。

2、成分を根拠にする
精油は、数十~数百の成分の集合体。各成分には、それぞれに作用があります。「眠れない」や「痛い」の改善に見合う成分はたくさんあり、それらの成分をを含む精油もまた、たくさんあるため、複数のおすすめ精油が存在するのです。

3、エビデンスを根拠にする
伝承や成分などの情報をもとに仮説を立て、一定のルールのもとで専門家が行った試験や検証で得られた結果=“エビデンス”を参考にします。セラピストや講師は、香りや嗅覚、精油等の分野の新しいエビデンスの情報をキャッチして、精油選びに生かしています。

4、自身の経験値を根拠にする
上記1~3や自分なりの気づきなどを元に、自分や周囲の人に使って、実際に効果を感じられたものを参考にします。「自分や友達に効いた=誰にでも効く」ではありませんが、よい結果が得られたという事実は、その後の精油選びに影響を与えます。

セラピストや講師の事情が違う

多くのセラピストや講師は、スクールで勉強し、資格を取得するというプロセスを踏んでいます。

資格を与える団体によって、学ぶ精油の種類は異なり、特にポピュラーな15~20種類くらいの精油は共通して学びますが、それ以上は、違いがあります。

その団体ごひいきの精油ブランドも必ずあり、そのブランドで扱っていない精油は、まず学ばないので、知識や経験値が不十分で、おすすめに挙がらないということもあります。

また、その香りが苦手、高価すぎる、他で代用できるなどの理由で買わない、使わないといった精油も、おすすめに登場しにくくなります。

マイナーなものも含めると、精油は数百種類あると言われていますが、いくらセラピストや講師でも、買い揃えられる精油の数には限りがあります。

結局は、学んだり経験したりした範囲の中でのおすすめになるので、違いがあるのは当然なのです。

原因や心身の状態は人によって違う

たとえば、「眠れない」「痛い」という表面的な症状にフォーカスするか「なぜ、眠れないのか」「なぜ痛いのか」という原因にフォーカスするのかで、精油選びは変わってきます。

原因までフォーカスすると、原因ごとに違ったおすすめが出てきます。

また、相手が違えば、香りの好み、年齢や性別、その方の心身の状態も違ってくるので、やはりおすすめ精油も違ってきます。

これ、病気の治療と考え方は同じ。

同じ病名がついていたって、さまざまな薬や治療法がある中で、どれがその人に合うかなんて、お医者様だって確信はありません。

いろんな情報を加味しながら、その時その時、その人に合うのでは?と思う方法を探りながら治療していきますよね。

不眠症という1つの症状に、いろいろな精油がおすすめにあがってくるなんて不思議、ではなく当然だし、これが合わなければ、次はこっちと、試行錯誤するのも普通のことなのです。

ひたすら試す?アロマの専門家になる?

そうはいっても、おすすめ精油の中から、どうやって自分に合うものを探せばいいのでしょうか。

アロマテラピーに精油はマストですが、どの精油を選ぶかをはじめ、希釈率、基材、使い方、使う人など、さまざまな条件が絡みあって、効果が出たり出なかったりします。

アロマを専門に学んでいても、絶対という答えはありませんが、ましてやアロマ素人さんが、自分に合うものを本やWEBサイトの情報だけで見極めるのは、簡単ではありません。

自分に合うものを見つけ出す方法として考えられるのは、以下の3つ。

①ともかく試してみる!
まずは、おすすめの精油の中で、香りが好き、手ごろな金額のものを選んで試してみてください。もし効果がなかったら、また別のレシピを試してみましょう。

とはいえ、時間がかかりすぎると辛い時間が長引いてしまうし、新たな精油を購入する費用も必要になるので、2,3回試す、が限界かもしれません。

②自分がアロマの専門家になる
自分が知識を身に着ければ、いろんな症状に対するおすすめ精油がわかります。ただ、その知識を身に着けるには、ざっくり、最低でも1年間、20万円くらいは見込んだほうがいいでしょう。

アロマテラピーの資格取得にいくらかかる?主要な団体を一覧で比較

③アロマの専門家に聞く
セラピストや講師にカウンセリング、アドバイスを受け、おすすめ精油を使って施術をしてもらったり、クラフトを製作して使用したりします。

アロマクラフトは、法律の規制により、講師が作ったものを購入することはできません。材料を用意してもらい、教えてもらいながら自作し、自己責任で使う、ということになります。

アロマの専門家にアドバイスを受ける、という選択について

「不眠症」におすすめとして、本やWEBサイトで紹介されている精油の多くは、比較的、汎用性の高いもの。これでよい効果を得られることも、もちろんあります。

でも、誰かの眠れないにはマッチしても、あなたの眠れないにはマッチしないかもしれません。

効果を実感できないとか、できるだけ早く、効率的に効果に結び付けたいのなら、「アロマの専門家にアドバイスを受ける」方法が一番かもしれません。

アロマの専門家 相談

あなたのプロフィールや原因にフォーカスして、あなたのためだけのおすすめ精油を提示してもらえますから。

また、自分に合うかどうかわからない精油を、何種類も揃えるのって、けっこう負担です。講師の持っているもので試し、自分に合う精油が見つかったら、それだけを購入するほうが無駄も少ないですよ。

合う精油や合う方法がわかったら、セルフでできるようになり、通い続ける必要もありませんから。

最後は、自己責任だから……

アロマテラピーは、薬などに比べたら副作用も少なく安全性も高いと言えますが、裏を返せば、薬ほどには即効性や明確な効果を得にくい、とも言えます。

また、アロマで効果を出しやすい症状とそうでないもの、得意・不得意があります。

そんなことも含めて。

専門家にアドバイスを受けるのはおすすめですが、最終的にどうするかは、自分で決めなくてはならないし、使った結果についても、アロマテラピーは自己責任となることを覚えておいてくださいね。

どうやって、よい専門家を見つけたらいいの?というお悩みがおありでしたら、ご相談ください☟

MoaMoa Mommy
精油選び、おすすめレシピ、アロマの専門家選びに関してのご相談は、HPの連絡フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です