ユーカリグロブルス、ユーカリラディアータ、ユーカリレモン精油の違い、お教えします!

ユーカリの木は種類が豊富で、変種なども含めるとその数800種以上と言われています。

その中で、精油を抽出するものは複数あるのですが、アロマテラピーでよく使われるのは主に3種類。

今回は、その3種類のユーカリについて、共通点や違いを、おせっかい記事にしてみます。

アロマ講師が使う3大ユーカリ精油はこれ!

アロマテラピーの講師がよく使うユーカリ精油は、ユーカリグロブルス、ユーカリラディアータ、ユーカリレモン。

どれも、葉から精油を抽出します。

ざっくり言うと、グロブルスとラディアータは共通点が多く、ユーカリレモンはこれら2つとは、まったく別もの。

下の表は、精油に多く含まれる成分を3つずつピックアップしたものです。

ユーカリグロブルス、ユーカリラディアータ、ユーカリレモンの違い

精油は自然由来で、ブランドごと、ロットごとに実際の組成は異なるため、これはあくまでも一例ですが。

グロブルスとラディアータは、主成分が同じで、その含有率も近いことがわかります。

そのほかにも、含有量は少ないものの、共通する成分は複数あり、香りも作用も似ています。

一方、ユーカリレモンは、主成分も、それ以外の成分も、2つの精油とは全然違うことがわかりますよね。

もちろん、香りも作用もまったく違います。

ユーカリグロブルス、ユーカリラディアータは、どんなユーカリ?

まずは、ユーカリグロブルス精油とユーカリラディアータ精油の共通点から。

ユーカリグロブルス、ユーカリラディアータ、ユーカリレモンの違い
ユーカリグロブルス(別名:ブルーガム)。ユーカリラディアータやユーカリレモンも葉の形状は似ている。

どちらも主成分は1.8シネオール(読み方:イチハチシネオール)。

別名をユーカリプトールと言い、スーッと染みとおるような香りが特徴で、これが精油全体の香りの印象にもなっています。

1.8シネオールには、去痰作用、気管支の抗炎症作用、免疫向上作用、抗菌作用などがあり、どちらの精油も、呼吸器系のトラブルによく使われます。

呼吸器系のトラブルに特化して使いたい場合には、より多く1.8シネオールを含むグロブルスがおすすめですが、刺激も強くなるので使用には少し注意が必要です。

次に、ユーカリグロブルス精油とユーカリラディアータ精油の違いについて。

グロブルスには、免疫向上作用、鎮咳作用、鬱滞除去作用などをもつα-ピネンという成分が含まれています。

α-ピネンは森林浴の香りとして知られていますが、実は、みょうが独特の香りがそれ。春菊にも含まれているそうです。

一方、ラディアータは、免疫調整作用をもつα-テルピネオールという成分を含んでいて、喘息、花粉症などのアレルギー体質改善への効果が期待できます。

また、このα-テルピネオールは、1.8シネオールとの相乗効果によって、免疫機能向上の効果を高めると言われています。

この両方の成分が含まれている精油は、ユーカリラディアータのほかに、カユプテ、ニアウリ(シネオールタイプ)、ラヴィンサラなどがあります。

それから、グロブルスは、微量ですが、神経毒性があると言われるケトン類を含んでいることがあります。

一方のラディアータはケトン類を含まず、1.8シネオールの刺激もグロブルスより少なめなので、子どもや妊婦さんは、ラディアータを使うのがおすすめです。

香りは、どちらもスーッと染みとおるような印象ですが、1.8シネオールを多く含むグロブルスのほうが、清涼感もより強く感じられます。

ラディアータは、1.8シネオール以外の成分比率が高くなる分、清涼感はやや控えめ。他の成分の影響を受け、甘さも感じられます。

ユーカリレモンは、どんなユーカリ?

ユーカリレモン精油は、レモンユーカリ、ユーカリシトリオドラなどの名前で呼ばれることもあります。

主成分となっているシトロネラールは、局所鎮痛作用、抗炎症作用などのほか、昆虫忌避作用(=虫が嫌う香り)があることで知られています。

アメリカの環境保護局でも、ユーカリレモン精油は忌避剤としての承認を得ているそうです。

シトロネラールは、レモン様の香りなので、精油全体もレモンのような香りがします。

ユーカリレモン精油には、ゲラニオールや、アメリカDCD(米国疾病予防管理センター)で、ディートの代替品として認可されているp-メンタン-3.8ジオールなど、昆虫忌避作用がある成分が、他にも含まれています。

   ユーカリレモン精油は、虫よけの代表選手

市販の「ハーブの蚊よけ」的な商品にも、ユーカリレモン精油はよく配合されています。

そのほか、ユーカリレモン精油に多く含まれるシトロネロールという成分は、ローズやゼラニウムの精油にも含まれていて、ローズっぽい香りがします。

虫が嫌うユーカリレモンの香りも、私たち人間にとっては親しみやすい香り。

手作りの虫よけスプレーにも大活躍の精油なのです。

3つのユーカリ精油、つまりこういうこと

ここまでの説明から、もうお分かりかと思いますが、3つのユーカリ精油の特徴を、少し情報を追加しながらまとめてみますね。

ユーカリグロブルス精油とユーカリラディアータ精油は、呼吸器系のトラブルに役立ち、その効果はグロブルスに軍配があがるが、刺激が強め。

ユーカリラディアータ精油は、免疫系への作用にすぐれ、アレルギーにもおすすめ。香りも刺激も穏やかで、安全性も高い。

ユーカリグロブルス精油とユーカリラディアータ精油の清涼感ある香りは、心や頭をすっきりさせ、頭脳を明晰にしてくれる。

ユーカリレモン精油は、レモンのような香りをもち、昆虫の忌避作用にすぐれている。人間にとっては親しみのある香りで、心を落ち着かせてくれる。

といったところでしょうか。

ユーカリグロブルスとユーカリラディアータは、冬にお役立ち度が高く、ユーカリレモンは夏にお役立ち度が高い精油ですね。

ユーカリ精油は、どれも金額はお手頃。

用途に応じて、じょうずに使い分けしてみてくださいね。

〈精油の“違い”シリーズおすすめ記事〉
「ローズマリー・カンファー/ローズマリー・シネオール、ローズマリー・ベルべノン精油の違いとケモタイプの話」

私のユーカリの思い出話を、おまけに

かの有な大正製薬のヴィックスベポラッブには、ユーカリ油が有効成分として入っているってご存知ですか?

ヴィックスベポラッブ(成分、効能)☟
https://brand.taisho.co.jp/vaporub/product/

子どもの頃、夜、布団に入っても、鼻詰りや咳で寝つきにくかったとき、母がこの薬を、胸のところに塗ってくれました。

ベタベタするので、塗ったあとにはパジャマにつかないようティッシュペーパーを貼り付けてくれて。

母の手で塗ってもらう安心感と、鼻づまりや咳が楽になることで、塗った後はすーっと穏やかに寝つけたことを、ウン十年経ったいまもよく覚えています。

ユーカリと言えば、コアラのごはんというイメージしかなく、こんなカタチで自分がお世話になっていたことを、大人になってアロマを学んで知りました。

植物のチカラって、やっぱりすごいですね!

MoaMoa Mommy
アロマに関する原稿執筆、監修等のご依頼は、HPの連絡フォームより承ります。

「新型コロナウィルス拡大中の困りごと」vs「アロマ講師の対策」

アロマメディエーターうえむらです。

新型コロナウィルスの終息の兆しが見えず、感染の不安が拡大していますね。

マスク不足、消毒用品不足に始まり、中国で製造しているさまざまな商品の不足なども噂され、経済活動、日常生活への不安もぬぐえません。

ままならないことが多いですが、今できることをするほかありません。

今回は、コロナ感染拡大中の困りごとへのアロマ講師の対策を、おせっかい記事にしたいと思います。

まず、冒頭でお伝えしますが、これはアロマテラピーによる感染予防等の効果を保証するものではありません。

アロマテラピーの…というか、精油や基材のポテンシャルに期待して、アロマ講師のワタシなら、今起きている困りごとにどんなことを試しているか、してみるか、という話です。

消毒用エタノールが売り切れていたら

消毒用エタノールの不足問題には無水エタノールを使って対処します。

この使い方は、ご存知の方も多いと思いますが。無水エタノールは、アロマクラフト製作やアロマ道具のお掃除に使いやすいことから、多くのアロマ講師が持っています。

もちろん、私も。

▼無水エタノール
純度99.5%以上

▼消毒用エタノール
純度70~80%

無水エタノールそのままでは消毒に代用できません。無水エタノールのほうが純度が高いなら、効果も高そうだし、そのまま使えばいいんじゃない?と思ったら大間違い。

無水エタノールはその純度の高さゆえ揮発が早く、十分な消毒効果を得にくいのです。ですから、水で薄めて70~80%にして使います。

この時、元の無水エタノールの容器から、別の容器に移して作ることになるかと思いますが、アルコールに耐性のない容器もあります。容器選びは、しっかり表示を確認してくださいね。

プラスチック容器についての詳細が知りたい方は、「アロマ情報局」の記事をご覧ください(この記事、アロマ情報局の中でも、1,2を争う閲覧数を誇っています!)☟

「PP、PE、PET。どのプラスチック容器を選ぶのが正解?アロマ講師が知っておきたいこと」

最近は、無水エタノールも騒動に便乗したとんでもない金額で販売している人がいて、本当に腹立たしく、残念な気持ちになります。

通常は500mlで2000円以下ですから、もし購入する場合は、常識的な金額で販売しているところを探してくださいね。

そうそう、アルコール消毒や手洗いを頻繁にしていると、手荒れもしてきます。

そんな時は、精油を入れたクリームを作り保護。ラベンダーやラバンディン、ラベンダースピカ、ゼラニウム、パルマローザ、ローズマリーベルべノン、ローズウッドなど、スキンケア作用をもつ精油を2,3種類入れるのが私のオススメです。

わが家では、アロマクリームは常備しているので、いつも通りそれを使用。手や足につけるクリームは、ちょっとした行動、摩擦などで簡単に落ちない基材を使うことがポイントですよ!

アロマのマスクスプレーをシュシュッと

マスクが買いづらくなって、かれこれ1か月。

わが家でも使い捨てはほとんどなくなり、布マスクを洗ったり、使い捨てマスクをいつもより長めに使ったりする状況が続いています。

そこで、マスクを少しでも快適に、衛生的に使うため、またあわよくば感染対策にもなればと、アロマのマスクスプレーを作りました(メルマガ読者の皆様には、近々レシピをお届けします)。肌に直接つけるものではないので、私は、さまざまな効果や香りの持続性を考えて3%濃度で作りました。

〈読者登録無料〉さらっと読めるアロマコラム☟
えらんで読める!「老若男女くらしのアロマ便り」

私にとってマスク着用の目的は、ウィルスや細菌の飛沫防止だけではなく、喉の乾燥防止、花粉症予防(喉・鼻のアレルギー症状予防もありますが、花粉による肌荒れも防ぎたい)、ノーメイク時の顔隠し・紫外線防止など、いろいろあります。

マスクスプレーは、これまでも作っているけれど、今回は、感染・花粉・リフレッシュなどを考慮し、かなり欲張ったレシピで。爽やかさとほのかな甘さを感じる、お気に入りの香りです(#^^#)

マスクは飛沫感染予防には、あまり効果がないという説もありますが……。

喉の乾燥を防止する役割は果たせますよね。ウィルスにさらされても、喉(粘膜)が潤っていればウィルスの増殖を防御しやすいと言われています。

つまり、たとえ飛沫を完全に防げなかったとしても、マスクによって喉の乾燥を防いでおくことで、感染や発症のリスクを下げる可能性は十分に秘めていると思うのです。

喉が痛くなりやすいというのもありますし、ウィルスにさらされても負けない体作りのためのマスク着用ということでは意味があると思い、1日中ではないけれど、私は家の中でも適宜マスクをしています。

保湿は、布、ポリウレタン、不織布のうち、布マスクがいちばん優れているそうですよ。

スプレーした直後にマスクをすると、目に少し刺激を感じたりもするので、私は2つのマスクを用意し、短時間ずつ着用。外したらすぐに、表裏両面にスプレーをしておいて、もうひとつを着用、しばらくしたら、さっきスプレーしたほうを着用して、いま使ったものにスプレーという使い方を、ゆるくしています。

スプレーしないよりも、確実にマスクが快適になりますし、気分もリフレッシュできていいことばかり。市販のものは、それなりのお値段しますが、自分で作れば(容器代を除くと)、濃度や使う精油により、50ml分で150円~300円もあれば十分ですよ♪

ちなみに、マスクを外すときはをヒモ部分を持ち、外したマスクには、ティッシュをかぶせておいたりするとよいそうです。

ステンレスやプラスチックなどのツルツルした面には、長い時間ウィルスが付着しやすいので、置き方も工夫するといいですね。

香りの濡れタオルを吊るす

一昨日から、リビングに濡れタオルを吊るして、香りのスプレーを吹きかけています。

去年の春、作って冷蔵庫にしまいっぱなしだった「桜の葉の蒸留水」。スプレーした瞬間、ふわっと桜餅の香りが漂います(#^.^#)

でも蒸留水はさすがに香りが弱いので、部屋中に漂うという感じにはなりませんね。一瞬のお楽しみです。でも、なんだかとても気分がよいものです。

室内の乾燥もウィルスや花粉の飛散につながり、感染やアレルギーのリスクを高めると言われています。逆に、湿度があるとウィルスや花粉が下に落ちてリスクが減るそうなので、少しでも湿度を高めようと思ってのことです。

お肌にとっても、乾燥はよろしくないですしね。

あとで抗ウィルス、抗菌なども考慮した濡れタオル専用のアロマスプレーを精油で作って吹きかけてみようと思います。

実際に感染防止になるかどうかはわかりません。でも、精油をたくさん持っています。せっかくなら、可能性がゼロではないなら、リフレッシやリラックスがてら、使ってみようと思うのです。

心のケアと体のケアで免疫UP!

手洗い、うがい、マスク、他人との接触を避けるなどは、物理的な感染症対策ですが、もうひとつ、感染症対策の基本は、免疫力をあげて感染しにくい、発症しにくい体を作ること、ですよね。

睡眠、食事、運動は基本ですが、このコロナ事情の中、運動はなかなか難しいのが現状です。外出もままならず、ストレスもたまりがちですが、ストレスは免疫力の低下につながります。

そんな時こそ、アロマの出番!

香りをじょうずに使うことで、気持ちが切り替えられたり、ほっとしたり。長時間使い続けるのではなく、短時間あるいは一瞬、香りと触れることでストレスも軽減されます。私は、日ごろからPCにアロマシールを貼り、そこに1滴精油を垂らしたりしています。自分が好きな香りを選べばOKなので、とってもお手軽です。

そして、もうひとつ。アロマテラピーで免疫向上の作用がある精油を使ったジェルを塗布するという方法もあります。今はまだ使っていませんが、感染騒動も長引いてくると免疫力の低下も心配なので、折をみて使おうかなと思っています。

ジェルは、精油の薬理効果を皮膚から得たい場合にイチオシの基材ですよ!

MoaMoa Mommy
感染症対策、花粉症対策、免疫向上を目的とした精油や基材選びに関してのご相談やクラフト製作等のご希望は、HPの連絡フォームより承ります。